ダラダラする私の悪い癖

だらだら…

だらだら…

動きが遅い。

ジムに行こうと思うなら、さっさと行けばいいのにダラダラとネットを見る。

ちょっとだけお昼寝しようかな?と一日のリズムを崩す。


ネットなんて、夜にやればいい。
お昼寝なんて、しなくったって、ジムに行けば疲れて熟睡できる。
だからさっさと行動すりゃいんだよ!

わかっている。
わかっているけど、ぐずぐず毎日している。

早く動くことが出来れば、その分、夜ご飯の支度だって早くなるし、
夜ご飯のスタート時間が早まる。

夜ご飯が早くなれば、ダイエット効果だって高まる。

わかっている。
わかっているけど、なぜ出来ないの?

自分に自問自答してみた。

Q.なぜダラダラするの?
A.時間があるから。

Q.時間はないよね?いつも、夜ご飯遅いよね?
A.確かに。

Q.じゃぁ、さっさとジムに行って、夜ご飯の買い物行ってくればいいんじゃないの?
A.わかってる。

…わかってるけど、
あぁ、ジムに行きたくないなぁ。とか、
雨だからだるいなぁ。とか
「雨がふったらお休みで~♪」な、南の島のハメハメハ大王だから私は無理なんだよぉ~とか。思う。

時間割を作ってみよう

今はとってもダラダラしているけど、私は子どもの時は割と真面目な子どもだった。
たまには学校行きたくないとか言って、ズル休みをした時もあったけど、
ほとんど遅刻もせず、毎日学校に行っていた。

社会人になってからも、まれに遅刻はあったが何年も無欠勤で務めた上げた。

きっと、小中学生のような義務教育の時間割があれば、私も動くんじゃないかな?

自由な時間は、自分の責任というか、自分自身に跳ね返る。
その跳ね返った結果が、今の私→体中の脂肪に悩む、ぷに子が出来上がっている。

こんな私だって、20代の時は38キロだったこともある。
あの頃は、仕事が終わったら、遊ぶことが楽しくて、いつも友人と街に出掛けていた。
そう、すごくメリハリがあったんだ。

ルールをもって拘束された時間は、ここまでは●●の時間。ここからは△△の時間と割り切れるから
「やらなきゃいけないこと」と、
「やりたいこと」の時間が、ハッキリわかれて、

「やらなきゃいけないこと」も、「やりたいこと」も、その時間内にやりきろうとする。

だから、達成感も高いだろうし、何よりよく動くから痩せる。

雨が降ったってジムに行け!

私は大王じゃないのだw
雨が降っても休むな!

私にとって、ダイエットは仕事みたいなものだ。

気持ちのたるみがあるから、その隙間に悪いヤツが入ってくる。

ダイエットを仕事だと思って、やっていけば昔のように無欠勤が出来るはず。

よし!「仕事に行く時間」=「ジムに向かう時間」を決めよう。
それと、目標が達成できたら「ボーナス」=「ご褒美」をあげよう。

これを考えていると、またジムに行く時間が伸びるので、もう運動しに出発しよう!
あぁ不思議。あんなにウダウダしていたのに、自分の気持ちを活字にすると、すごいやる気になってきちゃったw

夜、ご飯食べ終わったときに、ゆっくり時間割を決めよっと。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ